畳の部屋でゆっくりくつろぎながら、お食事を楽しんでみませんか? ①

2019.11.06

みなさま、こんにちわ。

料亭旅館 三田清 プランナーの細野でございます。

最近、木や畳が落ち着くと耳にする事が多くあります。

植物をと共に生活をしてきた日本人のアイデンティティなのだと改めて思い、少し書いてみました。

 

 

フローリング床の家が多い今、畳の間がある家は少ないのでは?

 

現代の一軒家やマンション、アパートなどはフローリング床が主流となり、畳がある家庭が少なくなったように思います。

畳は伝統的な日本の床材で、一昔前にはどの家庭にでも身近にあるものでした。

おばあちゃんの家といえば、畳の部屋を思い出す人も多いのではないでしょうか?

最近では、畳がない家が増えてきたことで、畳で過ごす機会が減ってきています。

最近、畳の部屋で過ごしてないかも?

畳の部屋でごろごろして、懐かしいい草の香りを吸ってみたい。

忙しい日々が続いているので、心落ち着く時間が欲しい。

懐かしさを感じる畳の部屋が見所の料亭で、心穏やかにお食事を楽しめる時間を作ってみませんか?

オシャレなカフェでのランチやパーティーも楽しく盛り上がりますが、畳に足を伸ばして、くつろぎながら話に花を咲かせるのも趣がありますよ。

ご家族やご友人などとの会食や、お誕生日などの特別な日など、普段では味わえない、畳で過ごすひとときを設けてみませんか?

さらに旬の味覚の良さを活かした和食を楽しみながら、楽しい憩いの時間を過ごせますよ。

 

 

落ち着いて過ごせる畳の個室は、最高のプライベート空間!

 

 

『料亭』といえば、大広間で宴会のイメージが強いのではないかと思います。

地区内の食事会や、会社の歓送迎会など、オフィシャルな場で使われているような感じもありますね。

『和食』や『畳』も、かしこまった食事の席というイメージもあると思います。

三田清では、2名様からご利用頂ける個室も妖異しております。

カップル、ご夫婦など少人数や、女子会やママ友の集まりなど中程度の人数でも対応しております!

料亭はどこか敷居が高いようですが、意外にも気軽に使って頂くことができるのです!

居酒屋などでも、個室タイプのお店は人気がありますよね。

他の団体様やお客様と鉢合うことなく、のんびり過ごせる気軽さが何よりも嬉しいですね。

しかも、普段の生活で触れる機会が減ってしまった畳の場となれば、特別感もアップすることでしょう。

個室で落ち着いて食事を楽しみたいなら、料亭を考えてみてはいかがでしょうか?

最近流行のインスタ映えをねらったお店とは一風違った、ゆっくり過ごしたくなる趣がありますよ。

 

続き「畳の部屋でゆっくりくつろぎながら、お食事を楽しんでみませんか?②」は

吉日配信いたします。